稲垣工業の主力設備のご紹介

稲垣工業の主力設備のご紹介

AMADA レーザータレパン複合機 LC2012C1NT

● 製品サンプル

  • 材質:SS / 板厚:6mm

  • 材質:SUS / 板厚:1mm


工程統合・ビルトイン・コンパクト複合
マシン

特長① 多目的タレット
多彩な金型(パンチング・成形・タップ)をタレットに搭載し、段取りレスと高速加工を実現
M3~M8までのタップ金具を取り揃えていますので複合機の加工工程内でタップを同時に加工
特長② レーザ軸・パンチ軸シンクロ制御
レーザ軸・パンチ軸同時動作による高速切り替え
特長③ フレキシブルテーブル
製品の裏キズ低減と材料セット工数を削減
特長④ 高精度複合駆動軸
複合加工精度±0.07mmを実現(アマダ・マスターサンプル基準)

● スペック詳細

プレス能力
(kN)
最大加工範囲(mm)
X×Y
発振器 最大加工板厚
(mm)
LC-2012C1NT 200 2000×1270(レーザ)
2500×1270(パンチ)
AF2000E-LU2.5
(定格出力:2kW)
(ハイパワーモード:2.5kW)
6

加工可能範囲

SS 6mm、SUS304 クリーンカットで6mm。
アルミはA5052材で6mmまで可能。
(イージーカット装置も装備)

AMADA スポット溶接機 ID40IVHP-NT

インバータースポット溶接機
高品質・高生産性に貢献するインバーター制御電源。

特長① 高品質な溶接
インバーター電源は溶接適応ポイントまでの温度上昇時間が速く、単相交流電源に比べて溶接時間が短い
特長② 環境への負荷を考慮
火花の発生・焼け・圧痕が少ないため、後工程作業の軽減、作業環境の改善に
特長③ 高生産性
単相交流電源より接合範囲が広く、安定した加工が可能
特長④
通電時の抵抗値波形の表示もでき、また溶接電流・加圧力のデータなどを帳票として出力可能

加工可能範囲

  • アルミ材のスポット溶接にも対応し、A5052材であれば3.0mm厚と3.0mm厚のスポットも可能です。
    (鉄・ステンレスはもちろん可能)

日本ウエルディング YAGレーザー溶接機 PLS-P40

● 性能の特長

YAGレーザーはTIGと比較して、非常に狭い範囲に熱が集中し、溶接スピードも速いため母材に対して入熱が少なくなり、特に薄板溶接で問題になる「熱歪み、溶接焼け」が極めて少ない溶接が可能になります。更に後処理がほとんど不要になりますので、工程の短縮に貢献します。単相交流電源より接合範囲が広く、安定した加工が可能です。


● 製品サンプル


● スペック

最大出力 :550w   ピーク出力 :3.5kw

加工可能範囲

  • ステンレス、チタン、鉄、他
    極薄板~≒2.0mmまで
    (片側の母材の板厚による。【0.5mmと6.0mmの溶接などは可能】)


レーザー測定機 Virtek社製 LaserQC1200

レーザー測定機本体

特長① 製品検査
レーザーQCは、赤色半導体レーザー光で製品形状を非接触にて瞬時に測定します。スキャンしたデータを図面と同じ寸法配置で測定チェックを行います。CADデータがあれば、測定したスキャンデータと重ねることで違っている部分を色分け判定します。スキャンしたデータをもとに検査成績表の発行が可能です。
特長② リバースエンジニアリング
図面がないものを現物から製作する様な場合、特にR形状や異形部のあるノギス等での測定が難しい製品においてもレーザーQCで測定し、CADデータ化(DXF)することが可能です。
特長③ 測定マージ
測定テーブルに乗り切らない大型の製品は、分割で測定しPC上で合成します。その後、一つの部品として解析します。

● スペック詳細

赤色半導体レーザー光で測定中

スキャニング精度
(mm)
最大ワーク寸法
(mm)
最大ワーク
板厚(mm)
最大ワーク
重量(kg)
±0.05 1220×1220 25 90

AMADA レーザー加工機 FOMⅡ2412NT

チャックインデックスを装備していますので、丸・角パイプの切断、穴あけ、T管などのパイプ加工が可能です。

〈アマダ FOMⅡ2412NT(4'×8'対応)〉
定格出力2500w/ピーク出力2700w〈切断能力〉

ステンレス ~6mm(窒素) アルミ ~6mm
SS材 ~16mm(酸素)   ~3.2mm(窒素)
チタン ~2mm アクリル ~6mm
丸パイプ Φ19~115mm 角パイプ □19~80mm

  • 出力の大きいレーザーを持つ協力会社もありますので、加工材料・板厚他ご相談ください。

  • アングルのレーザー加工や仮治具を用いての特殊・試作加工も可能です。